Amazonで出品者アカウントを登録する方法

アマゾン出品者アカウント登録 準備編

どうも、IIDAです。

Amazonには購入アカウントと出品アカウントという2種類のアカウントがあります。

普段僕たちがアマゾンで商品を購入するときに使っているのが購入アカウントです。

これからアマゾンで販売をしていくためには購入アカウントではなく出品アカウントが必要になります。

さらに出品アカウントにも大口出品と小口出品の2種類のプランがありますが、

ビジネスとして本格的にやるのであれば必ず大口出品の方が大きく利益を稼ぐことができるのでおすすめです。

今回は大口出品と小口出品の違いや登録方法をお伝えしたいと思います。

それでは早速内容に入っていきましょう。

大口出品と小口出品の違い

アマゾンセラー登録はこちらから

下記に大口出品と小口出品の比較表を掲載します。

大口と小口出品の違い 機能比較の早見表

大口出品では月額4,900円がかかってしまいますが、小口出品がお届け日時の指定ができなかったり、代金引換やコンビニ決済ができないのに対して、大口出品では可能なので購入者側から見たときの不便さが少ないことでの販売機会の損失がありません。

また小口出品ではデータ分析レポートやスポンサープロダクトが使えませんので大きく売上をあげることが難しいです。

何より僕がおすすめするOEM・ODM販売は自分だけの商品ページで販売していきますので、大口出品でないと商品ページを新たに作成することができません。

小口出品はすでにAmazonで販売されている商品に相乗り出品することしかできないのです。

ですのでぜひ大口出品で登録をするようにしてください。

しっかりとビジネスを実践していけば、月額登録料の4,980円なんて1日で簡単に回収できるようになります。

アマゾンセラー登録はこちらから

出品アカウント登録にあたって必要なものは?

必要なものは下記になります。順番に見ていきましょう。

メールアドレス

アマゾンからのお知らせが登録されたメールアドレスに届きますので受信可能なメールアドレスをご用意ください。

出品アカウントにログインする際にもメールアドレスが必要になります。

このメールアドレスは後から変更することが可能です。

電話番号

出品アカウントの登録を進める中でSMSか電話のいずれかでワンタイムパスワードを確認する工程があります。

固定電話でも携帯電話でも連絡のとれるのであればどちらでも大丈夫です。

クレジットカード

クレジットカードから月額登録料のお支払いをします。

月額登録料を上回る売上が計上された場合は月額登録料は売上金額から相殺され登録した銀行口座に振り込まれます。

銀行口座

Amazonでの売上金は銀行振込で僕たちに支払われます。

ですので売上金を振り込む口座が必要になります。

本人確認書類

必要書類 1:有効期限内の顔写真入りの身分証明書 1部

以下のいずれか1つが必要になります。
  • 旅券(パスポート)
  • 運転免許証
※個人番号(マイナンバー)カードは利用できないのでご注意ください

必要書類 2:過去180日以内に発行された各種取引明細書1部

以下のいずれか1つが必要になります。
  • クレジットカードの利用明細書
  • インターネットバンキング取引明細
  • 預金通帳の取引明細書
  • 残高証明書

月額登録料やAmazonの販売手数料などは14日間の決済期間の売上と相殺されます。

この期間の売上合計が月額登録料や手数料等のAmazonからの請求金額に満たない場合はその差額はクレジットカードに請求されます。

登録申請をしてみよう

登録は15分~20分程度できますので下記の直リンクから登録してみてください。

アマゾンセラー登録はこちらから

登録申請後はアマゾンでの審査があります。

審査結果は2営業日ほどでメールにて連絡があります。

出品アカウント作成直後にやっておくべき初期設定

出品アカウントの審査が通って『これから出品するぞー』と思っても

まずは必須となる初期設定を済ませるようにしてください。

初期設定をしていないために「売上金が振り込まれない!」という事がないように忘れずに設定するようにしてください。

出品アカウントを作成すると、セラーセントラルにアクセスできるようになります。

セラーセントラルにログインして以下の設定を行います。

  1. 出品者プロフィールの設定
  2. 銀行口座情報の設定
  3. 正式名称/販売業者名の設定
  4. 出品者情報の設定

では順番に見ていきましょう。

出品者プロフィールの設定

セラーセントラルの右上の『設定』の中にある『出品用アカウント情報』のページに行きます。

アマゾンセラーセントラル

『出品用アカウント情報』ページが表示されます

次に『出品者のプロフィール』をクリックします。

セラーセントラル出品者情報

セラーセントラル出品者の情報

ここに登録した内容が『特定商取引法に基づく表記』として表示されるようになります。

銀行口座情報の設定

Amazonでの売上金を受け取る銀行口座の設定を行います。

銀行口座を設定しないとアマゾンでの売上金が振り込まれませんので最初の段階で登録しておきましょう。

『出品用アカウント情報』ページの『銀行口座情報』をクリックします。

セラーセントラル銀行口座情報

セラーセントラル銀行口座登録

正式名称/販売業者名

『出品用アカウント情報』ページの『正式名称/販売業者名』をクリックします。

セラーセントラル正式名称/販売業者名

セラーセントラル正式名称

法人の場合は法人登記名を入力します。

個人の場合は、個人のお名前を入力します。

出品者情報の設定

セラーセントラルの右上の『設定』の中にある『情報・ポリシー』のページに行きます。

この中の『出品者情報』をクリックします。

セラーセントラル情報・ポリシー

セラーセントラル出品者情報

以上が最初に登録しておくべき項目になります。

まとめ

  • Amazonでビジネスで大きく利益を稼ぐなら大口出品がおすすめ
  • 出品アカウント作成にはAmazonの審査が必要
  • 審査に通ったら最初に初期設定をすべし

 

大口出品者登録は月額登録料として4980円が毎月かかってしまいますが、日本で一番大きなショッピングモールに出店できるのであればかなり安い投資金額です。

しっかりと実践していけば、Amazonでの月額登録料なんて1日で簡単に回収できるようになります。

ぜひ大口出品者登録をして売り上げを拡大させていってください。

 

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

準備編
IIDAをフォローする
中国輸入amazon販売で独立起業して自由な人生を手に入れたブログ

コメント