アリババ(1688.com)で良い仕入先を見極めるポイント

アリババ(1688.com)で良い仕入先を見極めるポイント 商品仕入れ

どうも、IIDAです。

中国輸入OEM・ODMによるプライベートブランド販売をする際に仕入先を探さなくてはいけないわけですが、中国輸入OEM・ODMの仕入先を探すのに最適なサイトはアリババ(1688.com)になります。

中国輸入で仕入先を探すときに「タオバオ(淘宝網)」を利用する事が多いのですが、OEM・ODM販売では仕入個数が多くなるので、タオバオよりも価格が安いアリババを使った方がメリットが大きいのです。

アリババ(1688.com)のメリット

  • 仕入れ価格が安い
  • 大量ロット仕入れができる
  • タオバオに無い商品が多い

 

そこで、今回はアリババ(1688.com)で仕入先を見つける際に見るべきポイントについて解説したいと思います。

しっかりと最後までご覧になってください。

検索結果一覧ページで見るべきポイント

今回は「レディースサンダル」を例に解説していきたいと思います。

中国語でレディースサンダルは「女士凉鞋」なので、

①「女士凉鞋」を検索窓に貼り付けて

②「搜索」ボタンをクリックします

 

検索結果は、いくつかの条件で並び替えができます。

アリババソート

左から順に「総合順」「販売実績順」「価格順」になっています。

価格は具体的な金額で絞り込むこともできます。

実際に売れている方が信頼感もありリピート購入等もあって沢山売れているのだとも考えられるので、ここで「販売実績順」に並び替えてみます。

ここでは金額を優先的に見るのはもちろんですが、上の画像の丸数字の部分をポイントとして参考にするといいでしょう。

この丸数字が何を意味しているかといいますと・・・

①売上額
額が大きい方がより多く販売していることになります。

②リピート率
高い方が品質が良い傾向にあります。

③優良セラー
これは「实力商家」と言ってアリババが認めた優良セラーのマークなのでかなり信用度が高くなります。

商品詳細ページで見るべき4つのポイント

次に商品ページで見るべきポイントについて解説します。

①商品画像

探している商品と同じ商品かどうかをチェックしましょう。

メイン画像を他の店舗の画像を流用している場合もあるので、メイン画像だけではなく商品ページを下までスクロールして、同じ商品についての説明がされているのかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

メイン画像ではロゴが入っていないのに商品ページの写真ではロゴが入っていたり、

メイン画像のロゴと商品ページに掲載されているロゴが違ったりする場合があります。

ですので、商品ページ内の商品画像はしっかりと見るようにしましょう。

②店舗ランク

店舗のランクはダイヤモンドランク以上を推奨します。

アリババでは取引量によってショップにランクが付けられています。

評価が高くなるにつれて「スター→ダイヤ→クラウン」へとステップアップしますが、

取引が多いというのはそれだけ信頼できるという事になりますので、目安としてはダイヤマーク以上をおすすめします。

店舗ランク

こちらの店舗はクラウンが2個なので店舗ランクからは信頼感のある店舗だと判断する事ができます。

店舗ランク表

アリババ供給階層

ただし、「实力商家」の店舗ではこの店舗ランクのマークが付いていない場合がほとんどです。

「实力商家」はアリババが認めた優良セラーのマークなので店舗ランクのマークが無くても信用度は高いので、ある程度信頼しても良いでしょう。

③販売実績

良い商品かどうかの目安はリピート購入率が15%以上。

「成交」をクリックすると販売履歴を見ることができます。

リピート率をみる

「成交」の中の「采购重复率」はリピート購入率になります。

品質の悪い商品はリピート購入されませんので、

この値が大きければ大きいほど、良い商品の可能性が高くなります。

リピート購入率は15%以上を一つの目安としてください。

アリババ取引実績

仕入れが行われているかを見る

僕の場合はこの購入履歴の中に大量注文があるのかどうかも注意して見るようにしています。

下の画像を見てください。

アリババリピート購入

赤で囲った注文では98個の注文が入っていて、この人は合計366個購入しています。

これは明らかに仕入れを行ったとみることができるので、

恐らくテスト仕入れで問題が無かったので大量注文をして、

結果として合計366個購入していると考えることができます。

こういった購入がいくつもあるようでしたら良い商品の可能性が高いと判断できます。

④商品の価格

概算で1元=25円」として計算しておくことをおすすめします。

仕入れるには仕入価格が一体いくらになるのかが一番重要になります。

アリババでは仕入れる量によって価格が変わるのが一般的です。

アリババの商品価格

上の画像の例でいえば商品価格は以下のようになります。

2~19個:85元

20~99個:75元

100個以上:69元

※最低発注数は、2点となります。

注意点としては円ではなく元だという事です。

中国から輸入する際には様々なコストがかかってくるので、商品価格にプラスして諸経費を考慮しておかなくてはいけないので注意してください。

今現在「1元=15円」位のレートですが、諸経費を考慮して概算で「1元=25円」として計算しておくことをおすすめします。

ですので、85元が商品価格だったとした場合は、概算価格は「85元×25円=2,125円」になります。

上記商品の場合の概算価格は以下となります。
・2~19個点発注  ⇒1点あたり2,125円
・20~99個点発注  ⇒1点あたり1,875円
・100個以上    ⇒1点あたり1,725円

タオバオで1点ずつ商品を購入する場合は関税・消費税がかかってくる訳ではありませんのでこの計算はある程度の数量をまとめて仕入れる場合の概算価格の算出方法になります。

その他の参考にすべきポイント

優先的に見るべきポイントはこれまでお伝えしました4つのポイントですが、他にも参考になるポイントがありますのでお伝えしておきます。

交易勋章

過去30日間の売上金額を5段階のAメダルで表示しています。

メダルが多いほど良い店舗の可能性が高くなります。

货描/响应/发货/回头率

货描:商品ページに書かれている通りの商品かどうか

响应:問い合わせに対するショップ対応の速さ

发货:購入されてから発送されるまでの速さ

回头率:リピート率

货描」「响应」「发货」の「○%」は他のショップの平均値に対して、どれだけ上か下かを表しています。赤色は他ショップよりも数値が高く、緑色は他ショップよりも数値が低い事になります。

ですので、赤でパーセント表示されている店舗の方が信頼できます。

また、リピート率も高い方が良い商品を取り扱っている店舗と言う事ができます。

 

以上がアリババで良い仕入先かどうかを見極めるポイントになります。

但し、いくら良さそうな仕入先に見えても実際に届いた商品が「思っていた品質と違う」という事はよくあります。

ですので、必ず数点をサンプル発注してみて現物を確認するようにしてください。

まとめ

良い仕入先を見極めるポイントは下記になります。

  • 探している商品と同じかどうか商品ページを下までスクロールして確認する
  • マークはダイヤモンドランク以上
  • 实力商家はアリババが認めた優良店舗なので信用度が高い
  • リピート購入率の目安は15%以上
  • 仕入が行われている商品かどうかを購入履歴から読み取る
  • 商品価格は求めている原価内に収まっているか
  • 本発注をする前に必ずサンプル発注をして実際の商品を確認する

 

以上がアリババ(1688.com)で良い仕入先を見極めるポイントでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

商品仕入れ
IIDAをフォローする
中国輸入amazon販売で独立起業して自由な人生を手に入れたブログ

コメント