中国輸入サイトのタオバオ(淘宝網)とアリババ(阿里巴巴)の違い

タオバオとアリババの違いアイキャッチ 商品仕入れ

どうも、IIDAです。

今回は中国輸入をする上では避けては通れないサイトの「タオバオ(淘宝網)」と「アリババ(阿里巴巴)」という2つのサイトの違いについて解説していきたいと思います。

売れる商品を見つけたら仕入れ先を見つけなければいけないわけですが、仕入れ先を探すのに使うのがこの「タオバオ(淘宝網)」と「アリババ(阿里巴巴)」です。

両者にはいったいどのような違いがあるのでしょうか?

それでは早速内容に入っていきましょう。

タオバオ(淘宝網)の概要

タオバオは中国国内向けのECサイトで、日本でいうと楽天市場やヤフーショッピングと同じようなイメージです。

一般の中国人が買い物をするサイトなので、販売されている商品を1個から購入できます。

配送や質問に対する回答などの対応は比較的早く対応してくれる店舗が多いです。

というのも、タオバオは評価システムがしっかりしていて、万が一何らかの問題が発生した場合はタオバオの運営側が出店店舗に対してペナルティーを与えるなど、問題の店舗に対して厳しい対応がされるので店舗としても誠実な対応を求められるからです。

出店は日本のヤフーオークションのように誰でも出店できるので個人で出店してる場合もあります。

ですので、中国でも「アリババ仕入れ→タオバオ販売」と転売しているショップが多いのでアリババよりも価格は高くなる傾向にあります。

タオバオについてまとめると・・・

メリット

  • 一般の中国人が買い物をするサイトであるため、販売されている商品は個人向けの商品が多く、商品は1個から購入可能
  • 評価システムが充実していて対応が早く誠実な店舗が多い

デメリット

  • 個人で出店している人もいるので商品の出来が良くない商品が売られていることがある
  • アリババの商品を仕入れて販売しているお店もあるので一般的にアリババよりも価格が高い

タオバオはこちら

タオバオ(淘宝網)

アリババ(阿里巴巴)の概要

アリババ(阿里巴巴)は大口客向けの卸売りサイトです。

日本でいえば、「NETSEA」のようなイメージです。

工場が直に販売していることも多いので価格はタオバオよりも安い傾向にあります。

また、取引量が多ければ多いほど価格が安くなります。

価格が安いんだったらタオバオじゃなくて、アリババで仕入れればいいんじゃないかと思うかもしれませんが、

最初に言いましたように卸売りサイトの為、1個では購入できないことが多く、

購入できたとしても少ない取引量では発送などのレスポンスがあまり円滑でない店舗が多い印象です。

アリババのメリットとデメリットは・・・

メリット

  • タオバオよりも価格が安いことが多く、取引量が多くなるほど更に安くなる
  • 工場が直に販売していることが多いのでオリジナル商品を作れる

デメリット

  • まとめ買いが基本なので1個で購入できない場合が多い
  • お店の対応が遅い場合がある

アリババはこちら

アリババ

タオバオ(淘宝網)とアリババ(阿里巴巴)の違い

タオバオは日本のヤフーショッピングや楽天市場と同じような国内の一般消費者向けECサイトなのに対して、アリババは卸サイトなので基本ロット仕入れになるというのが大きな違いです。

それぞれにメリットとデメリットがあって、「どんな時にどちらのサイトを使えばよいのか?」がイマイチ分からない人もいるかもしれません。

僕が考えるタオバオとアリババの使い分けは以下になります。

タオバオを使うシチュエーション

  • Amazonの相乗り販売で大量の種類の商品を少ない個数だけ販売する時
  • 中国輸入無在庫販売をする時

アリババを使うシチュエーション

  • Amazonで中国輸入OEM・ODM販売をする時

 

僕も以前は中国輸入無在庫販売をしていたことがあります。

無在庫販売は注文が入ってから仕入れるわけですが、そういった場合は少しでも早く発送できるようにレスポンスが早いタオバオを使っていました。

しかも無在庫販売は注文数はほとんど1個だけなのでロット仕入れは不向きです。

しかし、現在はOEM・ODMによるプライベート販売しか行っておりませんので、そういった場合はアリババの方が商品が安いのでアリババが適しています。

OEM・ODM販売は少ない種類の商品を大量に販売するので必然的にロット仕入れになります。

以上がタオバオとアリババの違いと両サイトの使い分けになります。

タオバオもアリババも品質の悪い商品を販売している店舗も多いため、良いショップを見つけて、そういったお店から仕入れるようにしましょう。

良いショップを見つける方法は別の記事でご紹介します。

他にも天猫(Tmall)というサイトがあります。

「ティエンマオ」や「テンマオ」と読みます。

天猫は法人しか出店することができなくて、日本で言えば楽天市場に相当するモールです。

保証金や年会費もかかり、審査もしっかりしていて、偽物が少ないということで、タオバオやアリババに比べると商品の品質が良いと言われています。

サイトの性質としてはタオバオと同じように中国国内向けのECサイトですが、タオバオと比べると少し高いイメージです。

天猫(Tmall)はこちら

TMALL(天猫)

まとめ

  • タオバオ(淘宝網)タオバオは国内向けECサイトで1点から購入できる(BtoC、CtoC)
  • アリババ(阿里巴巴)は卸サイトでロット仕入れの為大口客向け(BtoB)

 

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

商品仕入れ
IIDAをフォローする
中国輸入amazon販売で独立起業して自由な人生を手に入れたブログ

コメント