Amazonでセラーから商品をリサーチする方法

商品リサーチ

どうも、IIDAです。

今回はアマゾンでセラーから商品をリサーチする方法をお伝えしていきたいと思います。

中国輸入をしているセラーが見つかったらエクセルなどにまとめておくことでそのセラーが扱う新たな商品も確認できるようになりますので、売れている商品を見つけるだけでなく売れている商品を販売しているセラーをストックして蓄積していくようにしましょう!

それでは、内容の方に移っていきます。

アマゾンであるキーワードを入れて検索

まずAmazon内で中国輸入をしているセラーを見つける必要があります。

そこで代表的なキーワードとしてノーブランドと検索窓に打ち込んで検索します。

上記のように『ノーブランド』で検索される商品のほとんどが中国商品です。

次になんでもいいので商品を選んで商品の詳細ページを見ます。

商品を選択

詳細ページを見ていきます。

詳細ページの中にあります『新品の出品:22』をクリックします。

この画像の商品は22人のセラーが販売している事になります。

 

するとこの商品を販売している出品者の一覧が見れます。

出品者一覧から販売力のある出品者(パワーセラー)を見つける

出品者一覧から販売力のある出品者(パワーセラー)が販売している商品を見ていく必要があるのですが、それにはパワーセラーかどうかを見極める必要があります。

僕の基準では評価数が100以上のセラーはパワーセラーと判断していますので評価の数が多ければ多いほど売る力があるセラーですのでそういったセラーをリサーチ対象にします。

アマゾンだと20個販売して評価が1件つく位と言われています。
もちろん目安にはなりますが、仮に20個販売して1件の評価がついた場合、そのセラーは2000個を販売しているという事になります。

次に『販売/出品』欄の出品者名をクリックしてそのセラーが扱っている商品一覧を確認します。

出品商品の一覧が表示されますがより売れている商品がページの上に表示される傾向にあります。

出品している商品が中国商品と分かればそのセラーをエクセルなどにまとめていくことでそのセラーの今後の販売商品を追跡することができます。

差別化をイメージしながら扱えそうな商品を考える

僕のOEM・ODM販売では今回の例のような相乗り販売はしません。

あくまで商品を探すネタ探しです。

パワーセラーが売っている商品の中から差別化をできそうな商品をアマゾンで検索することでその商品のライバル数やおおよその価格帯といった市場がわかります。

市場分析を行い『いけそうだ!』となったらライバル分析を行って本格的な差別化を検討する段階になりますが、まずは多くの商品を見て差別化できそうな商品を見つけます。

市場分析やライバル分析は長くなりますので別の記事で解説します。

それと『輸入の3定義』に合致する商品を見ていくようにしてください。

輸入の3定義
軽い(500グラム以内、Maxでも1kg以内)
小さい・薄い
壊れにくい

上記の条件に合致する商品は、国際送料をなるべく抑え、配送時の破損のリスクを減らし、国内での在庫保管料金を抑えることができます。

芋づる式にセラーを見つける

パワーセラーが売っている商品一覧で、上記の中でいうと例えば『ジュエリーボックス』で検索するとまた別のジュエリーボックスを販売しているセラーが見つかります。

今度はその新たに見つけたセラーの出品商品一覧を見ていくことで芋づる式に商品とセラーが見つかります。

『ノーブランド』というキーワード検索だけでも100以上の中国輸入をしているセラーが見つかります。

その見つけたセラーが扱う商品を検索することで更に別のセラーが見つかります。

このように次々と商品を見つけることができますのであなたも実践してみてください。

きっとあなたの知らない商品が世の中にはたくさん存在していることが分かっていただけると思います。

それでは、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう!

 

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

こちらの記事が参考になりましたら、ブログランキングのバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。


にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ

よろしくお願いいたします。

商品リサーチ
IIDAをフォローする
中国輸入amazon販売で独立起業して自由な人生を手に入れたブログ

コメント